サービス一覧

冠婚葬祭で「ふくさ」は必要なアイテムの一つです。
お葬式にせよ結婚式にせよ金封を包むために必要になります。
今では、ふくさに包まないでそのまま鞄などに入れる人も多いですが、水引が引っかかってぐちゃぐちゃになったりする可能性も高いです。
ぐちゃぐちゃのまま渡すのは、マナー的にも大変失礼になるためきちんと包んで持っていくのが礼儀の一つです。
また、ただ、気を付けなければいけないのはその色です。
結婚式などのご祝儀を包む場合はなるべく赤や朱色などの明るい色を選ぶのが良いです。
ただ、お葬式の時の不祝儀の場合はねずみ色や藍色などといった暗めの色を選ぶのが良いです。
どちらにも使えるのが紫色、紺色などといった色のものです。
どちらにも使いたいというなら、そのような濃い目の色を選べば失礼のないので便利でおすすめです。
またお祝いと弔事では包み方も違うので覚えておくことが大切です。
お祝い事では右、お葬式などでは左に包むのがマナーです。