袱紗は社会人として必要な日本人独特のマナーです

冠婚葬祭の場において金封を送りますが、その際に袱紗(ふくさ)を使うのがマナーです。
これは社会人として守りたいことです。
そもそも、何故袱紗が必要なのでしょうか。
金封には水引が掛けられていますが、これが崩れないように袱紗に包む必要があります。
また、カバンやスーツのポケットから金封をそのまま出すのは失礼にあたります。
袱紗に包むというのは日本人らしい相手への心配りなのです。
さて、袱紗の色も式によって使い分ける必要があります。
結婚式などのお祝い事では赤色・朱色・オレンジなど暖色系を選びましょう。
お葬式などの弔辞の時は緑色や藍色などの寒色系でなければなりません。
しかし、結婚式用・お葬式用と複数揃えるのも大変だという場合には紫色を選べば慶事・弔事両方に使えるので重宝します。
袱紗の包み方にもマナーがあります。
慶事は右、弔事は左と覚えておくといいでしょう。
さて、金封を渡す時ですが袱紗ごと渡すのはマナー違反です。
袱紗ごと渡すのは、相手に不幸も渡してしまうという縁起の悪い行為なのできちんと袱紗から取り出して両手で渡すようにしましょう。
このように、金封を袱紗に包むというのは相手に気持ちを包んで渡すという日本人ならではの心配りです。
いつお祝い事や悲しみ事が起こっても困らないよう、袱紗を用意しておきましょう。

どんなハワイ フォトウエディングがおすすめ?

トータルコーディネートもアンテリーベ

バルーン 装飾
はジェファーソンズにお任せください

結婚写真 大阪
ロケーションを楽しみながら行えます

ブライダルエステ体験コースのご紹介http://www.okdemocrat.com/

最新投稿